【老犬の病気】高齢犬の積極的治療のメリット・デメリット(1)

愛犬情報

犬種:ミニチュアダックスフンド

病名・症状:歯周病・子宮の不具合・ヘルニア

発症年齢:14歳~・15歳~・18歳

発症の経緯:14歳の時突然右頬が腫れあがった

治療法:投薬~歯石除去&抜歯手術・再生医療

 

【関連記事】

【老犬の病気】高齢犬の積極的治療のメリット・デメリット(2)

【老犬の病気】高齢犬の積極的治療のメリット・デメリット(3)

 

 

積極的治療の選択

 

我が家の長女クリンは、17歳9ヶ月と18歳10ヶ月の時に積極的治療を選択しました。一度目は子宮摘出手術と抜歯と歯の掃除、二度目は抜歯と歯の掃除で、共に麻酔をしての処置となりました。

まもなく19歳を迎えるという年齢での全身麻酔はとてもリスクが高く、どんな影響があるかは、実際にやってみないとわからない、といわれました。

 

ではなぜリスクを背負ってまで積極的治療をしてもらったのか。

それは不具合を放置することで、他の臓器に悪い影響を与える可能性が高い、と考えたからでした。

高齢になってから体の不具合で悩まれている飼い主さんはたくさんいらっしゃると思います。特に大抵の老犬は歯が悪い子が多いと聞きます。犬の場合、歯の治療も全身麻酔となります。

年を重ねるほど麻酔のリスクは高まります。すぐに命に直結する病気などの場合は早めに処置を希望される飼い主さんが多いと思いますが、歯の治療になると投薬などで様子見される方がほとんどで、積極的な治療をするか悩んでおられる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

今回はクリンが実際に17歳9ヶ月と18歳10ヶ月で積極的治療を選択した経緯と、自分自身が感じた積極的治療のメリットデメリットについて書かせていただきたいと思います。

 

 

不具合の始まり~右頬の腫れ

 

クリンが14歳のある日、突然頬が腫れあがりました。いきなり右目の下がぷっくりと腫れていて、驚いてすぐに当時通っていた病院で診察を受けたところ、歯が原因であるといわれ、数種類の薬を処方されました。

この薬、後でわかるのですが、実は「ステロイド」でした。

薬を飲むとすぐに腫れは治まりました。でも薬をやめるとまたすぐに腫れ出して、当時全く知識のなかったわたしは、その病院で出される薬がとても効果があるのだと思っていたんです。でもこれって、実はただステロイドで腫れを無理やり抑えているだけで、根本治療は全くしていないんですよね。

もしその時、今の病院に通っていたら、おそらく抜歯などの根本治療を選択していたと思います。

ちょうど同じくらいの時期に胆泥症が発覚し、胆のう摘出手術を強く勧められたことが病院に対する不信感となり、セカンドオピニオンを希望しました。そして投薬で治療してもらえる病院に転院しました。転院先の病院で、歯の腫れのことも相談し、その時は歯石はさほどひどくなかったため、麻酔なしで歯石を取ってもらいました。それ以降歯の腫れは一旦落ち着いたため、そのまま何もせずに過ごすことになりました。

この頃は、14歳でもかなりの年齢だと考えていました。今思うとめちゃくちゃ若いなぁと思いますが、当時は寿命は15歳くらいなんだろうと漠然と思っていました。なので14歳で手術なんて…と考えていました。

そして、この時強く勧められた胆のう摘出手術について、このままだと命の危険性があるとまで言われていましたが、転院先の病院では胆のう摘出については、する必要はないといわれました。

 

余談になりますが、この病院はニコの乳腺腫瘍を発見し手術をしてもらった病院でもあります。しかしこの病院を選択したことが、ニコの心臓病を発症したきっかけになったと思っています。あくまでも主観であり証拠などはありませんが、主治医の先生はオペ経験が少ない方で、恐らくニコの手術の際に長時間の麻酔をかけたことで心臓に負担がかかったことが心臓病発症の原因であったと考えています。飼い主の知識不足でニコの寿命を縮めてしまったことは、今でも大きな後悔として残っています。

病院選びは我が子の寿命に直結しますし、本当に心から信頼できる病院に出会うことはとても難しいことだと改めて思います。

 

 

ターニングポイントとなった15歳の出来事

 

2015年5月、クリンが15歳の時に突然前足を引きずりだしたことがありました。この時に処方された痛み止めの薬で胃が荒れたことでご飯を食べない日が出てきて、6月にヒートになった時から本格的に食べムラ・食い渋りが始まりました。

このヒートでは、いつもより経血量が多く、検査の結果子宮内に水があるといわれました。診断は子宮水腫。子宮蓄膿症の前段階のような病気です。

 

※当時、食欲について書いていたメモ

 

このまま3ヶ月ほど食べたり食べなかったりを続け、やっと落ち着いた10月に、またヒートが始まりました。ここでまた食べない日が続き、点滴を受けながら様子見していましたが、突然クリンの具合が悪くなり、膵炎の疑いで入院することになりました。

薬を飲まないと相談したところ、先生から「口を開けて喉の奥に入れるか、好きな食べ物に隠して食べさせて」といわれました。これこそが、この後約4年に渡って悩むことになる「食べムラ・食い渋り」の始まりであり、口腔ケアが一切できなくなった原因になりました。

先生にいわれた通り、無理やり口をこじ開けて飲ませようとし、何度も失敗しました。

「何とか薬を飲ませなきゃ!」という一心で、鬼の形相でクリンの口をこじ開け、薬を入れて口を閉じさせる。最初の何回かは飲ますことができましたが、その後は全く口を触らせてくれなくなってしまいました。

実はこの薬、めちゃくちゃ苦かったんです。

あまりに嫌がるため、ある時ふと「どんな味なんだろう」と思い、薬を少し舐めてみたんです。すると驚くほど苦いことがわかりました。焼いた牛肉に薬を巻きつけて隠していたため、薬が肉の水分で溶けて肉自体が苦くなっていたんです。

クリンはとても聞き分けのいい子でした。それまでは口の中をガーゼや指でこすったり、歯ブラシを噛ませたりしていました。全然嫌がることもありませんでしたし、ケアする時はとてもおとなしくしてくれていました。頻繁にしていたわけではありませんが、それだけのケアでも歯石は少ししかついていませんでした。

ところが投薬の失敗から、全く口を触れなくなりました。食べ物への不信感が生まれ、食べることを嫌がるようになり、食べムラ・食い渋りによりフードを食べてくれなくなったことなどから、口の中の状態はどんどん悪くなっていったように思います。

 

そしてクリンが15歳になり、今度は子宮の不具合が発覚しました。ヒートから陰部の腫れが引かず、食欲が落ちたため病院で検査をしてもらったところ、子宮内に水が溜まっているのがわかりました。恐らくこのあたりから子宮に痛みが出始めたのだと思います。

口腔ケアができなくなったことでの歯の不具合と子宮の痛み。これこそがクリンの食べムラ・食い渋りの原因でした。

 

関連記事:【備忘録】クリンの体調

 

 

投薬治療~手術の決心

 

口腔ケアができなくなってから約2年。その頃には目で見てわかるくらい歯石がひどくなっていました。特に奥歯はべったり歯石がついていて、口の中はかなり不快だったと思います。

17歳8ヶ月の時、口を痛がるようなしぐさが見られたため、最初の時にペンチのような器具で歯石を取ってほしいとお願いしたところ、クリンは口を触られるのを嫌がるため無理、といわれました。これがきっかけで転院することを決意しました。

 

転院先は、ブログで知り合った方が長い間通っておられた病院でした。

病院によって治療の選択は大きく変わります。クリンはすでに18歳目前。前の病院では、14歳の時に積極的治療はリスクが高いから内科治療をしましょうといわれていましたが、この病院は「治せるものは治す」という考えでした。

歯の状態がとてもひどいこと、そして初めての診察の時、触診で子宮の痛みがあることをすぐに指摘されました。

先生は、「歯の治療について、飼い主さんは割と軽く考えている人が多いけど、本当は歯は命取りになる」といわれました。

歯の菌はとても恐ろしく、それが原因で心臓が悪くなり、あっという間に旅立ってしまう子もいるとのことでした。

病院によっては投薬で抑える治療を選択されるところもあります。実際にクリンも最初に歯が腫れた時は、ステロイドで抑えるという根本治療とはかけ離れた治療をしていましたし、病院の選択次第で全然治療法が違うということを思い知りました。

年齢的には非常にリスクが高かったのですが、子宮に痛みがあること、このまま放置すると子宮蓄膿症が重篤化し、命にかかわる可能性があるため、もし治療するなら1日も早く取ってしまう方がいいこと、そして歯の不具合を放置したら、他の臓器に悪影響を及ぼす可能性があること。年齢を考えると、迷っている時間はありません。老犬になると、ほんの少しの時間も命取りになります。

わたしはクリンの生命力を信じ、すぐに手術することを決意しました。

 

 

【老犬の病気】高齢犬の積極的治療のメリット・デメリット(2)に続く

 

 

ライター:福井 惠子

 

 

Follow me!

【老犬の病気】高齢犬の積極的治療のメリット・デメリット(1)” に対して1件のコメントがあります。

  1. ろんまま より:

    こんにちは
    とても質問に悩んで送信できませんでした。
    ブログを拝見させて頂いてました。
    14さいのダックスが居ます。
    一昨日の昼から、ほぼ食べません。
    去年、心臓発作肺水腫、脳に酸素不足に倒れ
    病院にて、明日までもたないと言われ自宅にて連れて帰り奇跡的に、復活しました。
    が、食べない点滴通い。
    少しでもいい食べ物をと、思いそこから、

    食べムラが、始まり昨日は怒ってしまい、私の涙が、床にボタボタ落ちました。
    病院は、週1回か、2回通いです。
    テーブルの上は、あらゆるふりかけの山です。
    今日は、少しカスタード食べました。
    オススメがあったら、教えてほしいです。
    すいません。

    1. 福井 惠子 より:

      ろんまま様

      コメントありがとうございます。
      お辛い中、お悩みを共有していただき、ありがとうございます。
      心臓発作、肺水腫、脳貧血。我が家の愛犬ニコが、まったく同じ症状を起こしました。
      なのでとてもお気持ちがわかります。心配はつきませんよね。

      食べない悩みは心が疲弊します。
      テーブルにふりかけの山。同じ経験をしているので、痛いほどお気持ちがわかります。
      心配で心配で、どうしてわかってくれないのか、と泣き叫んだこともあります。

      我が家のクリンの場合、食べない時は必ず原因がありました。
      食べない原因は、子宮の痛みと歯の痛みでした。本当は食べたいけど食べられない、と後からわかったんです。
      でも当時はそんなことはわからなかったため、何とか食べさせようと必死でした。
      その時にクリンが食べてくれたもの、食べさせる方法などを共有させていただきますね。

      【食べてくれたもの】スイーツ、魚、肉系など

      獣医さんに、犬は甘味をおいしいと感じると聞いたので、スイーツ系のものにはよくお世話になりました。
      特に食いつきがよかったのは、生クリーム、カスタードクリームとバームクーヘンです。
      甘い物は主に「食べるスイッチ」を入れるために使っていました。

      フードを拒否する時は、少しでも匂いがすると嫌がったので、最初は生クリームだけをスプーンで舐めさせて、
      食いついてくれたらフード皿にドライフードを細かくしたものと生クリームを混ぜたものをセットし、
      トッピングに生クリームをのせて、生クリームを舐めているつもりで食べさせていました。
      この方法は結構成功する確率が高かったです。

      魚は、お刺身をよくあげていました。好きだったのは白身の刺身やマグロ・カツオの赤身などです。
      焼き魚はカレイが好きでしたが、これは高塩分となるため、最初少しだけ与えて、スイーツ同様フードの上にトッピングしていました。

      肉は、牛肉・豚肉・鶏肉(ささみ・もも・砂ずり・肝)をボイルしたものや、焼いたりして与えていました。
      鶏肝については、ボイルしたものをミキサーでドロドロのペースト状にして舐めさせたりしていました。
      喜んで食べてくれたら、フードの上にトッピングしていました。

      【食べさせ方】フードの粒を細かく砕く、トッピングのふりかけを都度作る

      うちの場合、歯に問題があったためか、食べにくそうにしていました。
      なので、ペンチやフードプロセッサーで粒を細かくしてみました。すると、嫌がらず食べてくれるようになりました。
      年齢と共にそれまで大丈夫だったものが食べにくくなることも考えられます。
      特に食欲のない時は、食べることにできるだけ負担がかからないようにするのも有効でした。

      【強制給餌】シリンジで食べさせる

      本当に食べなくて困った時は、シリンジを使って流動食を食べさせるようにしました。
      この方法のいいところは、投薬もシリンジでできるところです。
      最初は水に溶いて与えるタイプの総合栄養食を使っていました。
      実際に使っていた銘柄は、レバエイドという商品です。
      レバエイド

      年齢と共に、飲み込む力が弱まったので、そこからは液体の高栄養タイプを使いました。
      デビフのカロリーエースや、ワンラックのエナジー500を使っていました。

      カロリーエース
      エナジー500

      シリンジ食は「食べない悩み」から解放されます。食べないと体力が落ち、体重が減り、どんどん弱ってしまうと考えてしまいます。
      本当は自力で食べてほしいですが、ろんまま様のように数日何も口にしないというのはとても苦しいと思います。
      そういう時には、この方法が最も合っていると思います。
      シリンジは5mlタイプでネットで購入できます。

      テルモシリンジ

      病院には週2回通われているとのこと、そこで点滴等で栄養補給をされていると思うので、
      食べないのはそれで何とか体を維持できているから、というのもあるかもしれません。
      食事は毎日のことなので、シリンジ食を取り入れられると少しはろんまま様のお気持ちが楽になるかもしれません。

      自分の経験したことでしかお伝えできず、大変申し訳ありません。
      シリンジの与え方は、サイトトップページに紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

      ろんまま様のおうちのワンコさんに合う方法が見つかることを、心よりお祈りいたします。
      また何かありましたら、どうぞお気軽に聞いてくださいね。

    2. ろんまま より:

      こんばんは
      とても、沢山教えて頂き本当にありがとうございます。
      知らない刺身などすごく有りがたいです。
      昨日は、同じやり方にて砂肝から、
      始まりフードにたどり着き、ガツガツ食べてくれ、泣きそうになりながら、
      沢山誉めてあげました。
      1度ヨーグルトに薬を混ぜてしまい、
      2年程ヨーグルトは、食べなくなりました。
      勿論、甘やかしすぎと思われても、仕方ないのに、沢山教えて頂き本当にありがとうございます。
      必ず定期的に、食べないが、やってきます。
      すべて、教えて頂いた、方法やらして頂きます。
      病院にて、余命四時間位と、言われ連れて帰り、1年位たち、元気になってくれたのを見て、食べ物に関して、次々に
      出してしまった自分を責める感じになってしまい、質問させて頂きました。
      今日食べても、明日は食べないかも
      毎日びくびくしてました。
      刺身や魚類は、知らず、教えて頂き本当にありがとうございます。
      買いに行きます。
      すいません。
      お腹すいたら、食べるから、と、言われるばかりで、もう相談できず質問させて頂きました。
      こんなに、沢山本当にありがとうございます。

  2. ろんまま より:

    こんばんは
    とても、沢山教えて頂き本当にありがとうございます。
    知らない刺身などすごく有りがたいです。
    昨日は、同じやり方にて砂肝から、
    始まりフードにたどり着き、ガツガツ食べてくれ、泣きそうになりながら、
    沢山誉めてあげました。
    1度ヨーグルトに薬を混ぜてしまい、
    2年程ヨーグルトは、食べなくなりました。
    勿論、甘やかしすぎと思われても、仕方ないのに、沢山教えて頂き本当にありがとうございます。
    必ず定期的に、食べないが、やってきます。
    すべて、教えて頂いた、方法やらして頂きます。
    病院にて、余命四時間位と、言われ連れて帰り、1年位たち、元気になってくれたのを見て、食べ物に関して、次々に
    出してしまった自分を責める感じになってしまい、質問させて頂きました。
    今日食べても、明日は食べないかも
    毎日びくびくしてました。
    刺身や魚類は、知らず、教えて頂き本当にありがとうございます。
    買いに行きます。
    すいません。
    お腹すいたら、食べるから、と、言われるばかりで、もう相談できず質問させて頂きました。
    こんなに、沢山本当にありがとうございます。

    1. 福井 惠子 より:

      ろんまま様

      返信いただきありがとうございます。
      拝読し、以前の自分のことを思い出しました。
      「何とか食べてほしい」というお気持ち、痛いほどわかります。
      甘やかしすぎなんて、とんでもないです。とにかく食べてほしい一心ですよね。
      我が子を愛するからこその悩みだから真剣になり、必死になりますよね。
      参考にしていただけて、とても嬉しいです。

      病院で余命宣告されてから見事復活されたとのこと、それだけ生きる力が強いということですね!
      どうかお気に入りのご飯が見つかりますように。
      もしお困りのことがあれば、わたしたちの経験談で参考になることがあれば、
      何でもお話させていただきますので、いつでもお話くださいませ。

      これからもずっとずっと幸せな時間が続きますように。
      ろんまま様もどうかご無理なさらないでくださいませ。

  3. ろんまま より:

    こんにちは
    クリンちゃんが天国に行って、お辛い気持ちの中、沢山教えて頂き本当にありがとうございます。
    お返事泣きそうになりました。
    食べる時は、3食食べ食べない時々は、胃液吐く
    病院行きの繰り返しで、すいません
    かなり精神的に参ってました。
    本当にありがとうございます。
    生クリームは、かなり効果ありで、
    食い渋りの昨日は、自分の顔に、少しつけ、
    食いついたら、一口床におき、
    ドックフードの皿に少しおき、フード完食
    しました。
    ヨーグルトも同じ方法で、完食
    また、明日の事は、わからないですが、
    教えて頂いた、食べ物は、買ってきてますので、強制で、食べさせる注射器も、用意しました。

    本当にありがとうございます。
    もう、怒ったりは、しないと心から、思わせてくれてありがとうございました。

    1. 福井 惠子 より:

      ろんまま様

      ご飯を食べてくれたんですね!わたしもとても嬉しいです。
      ワンコにとって一番の薬は、ママの笑顔ですもんね!
      怒っても仕方ないと、わたしも自分によく言い聞かせていました。

      生クリームを食べてくれたとのことでしたら、カスタードクリームもいいかもしれません。
      めちゃくちゃ簡単で、一切添加物なしで作れますので、よかったらこれもお試しくださいね!

      卵1個
      薄力粉大さじ1
      砂糖大さじ3
      牛乳200g

      1.鍋に卵・薄力粉・砂糖を入れ泡立て器でよくかき混ぜる
      2.1に牛乳を入れ、よくかき混ぜる
      3.鍋を強火にかけて、泡立て器でかき混ぜ続ける
      4.かたまり始めたら中火にしてかき混ぜ続け、クリーム状になれば出来上がり

      クリンが旅立って1ヶ月。
      毎日毎日、今日は食べるかどうかと悩んでいた日々がとても昔のことのように感じます。
      食べてくれることは当たり前ではない、とても嬉しいことだと教えてもらいました。
      ご飯を食べてくれるだけで涙が出るくらい嬉しいって、普通なら考えられないですもんね。
      ろんさん(お名前合っていますでしょうか、間違っていたら申し訳ありません)もきっと
      ろんまま様に喜んでもらえて、とても嬉しいと思います。
      どうか穏やかで幸せな日々が永く続きますように。

      お辛くなったら、いつでもコメントくださいね。

  4. ろんママ より:

    作り方まで、ありがとうございます。
    明日早速、作らして頂きます。
    はい。うちの子は、ろんです。
    今日は砂肝トッピングのみになってしまい、
    食い付きが悪いです。
    でも、沢山教えてもらえたので、1つづつ
    試させて、頂きます。

    前は、冷蔵庫に缶詰めの山に、なってしまい
    つい、イライラしてしまったり、しましたが、
    今回相談させて頂いた、時には、
    もう、涙が、止まらず、色々とありがとうございます。
    私は、普段、昼間仕事中笑わない、怒る
    感情がない人みたいに、思われますが、
    ろんちゃんと居ると、泣かされる
    笑わせてくれる悩ませるられらると感情が溢れてしまい、崩れてしまう自分がいました。
    勿論、大事な子なんですが、食べない、食べる
    の悩みに、恥ずかしいのですが、パニック状態でした。
    ブログを拝見させて頂いた時、よく似てる?
    でも、私は、怒ってしまったので、福井様には、ほど遠いちっちゃな人間に思いました。
    沢山教えて頂だき、本当に感謝の気持ちで
    いっぱいです。
    お忙しい中、返信ありがとうございました。

    1. 福井 惠子 より:

      ろんまま様

      ご丁寧にご返信いただき、こちらこそありがとうございます。
      わたしもろんまま様と同じで、約4年食い渋りや食べムラに悩み、ノイローゼになったこともあります。
      お恥ずかしい話ですが、その時はフードをひっくり返してどなったり、泣きわめいたりしていました。
      なのでろんまま様とまったく同じなんです。
      食べないのか食べられないのかなんて、あとから考えてわかったことですし、
      いつも笑顔でいられたわけではないんです。
      だからろんまま様のお気持ち、めちゃくちゃわかります。
      大切な我が子が食べないと、それだけで落ち込みますし、
      心配だからこそ真剣になり、真剣だから腹も立つんですよね。
      わたしも原因があるとわかって、初めてクリンの気持ちに寄り添うことができました。
      食べられないんだと思ったら、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
      それから気持ちを切り替えて、食べない時にどうすれば口の中に食べ物を入れることができるかを考え、シリンジを使うことにしました
      食べない時に食べさせることができる方法(投薬も同)を身につけることができて、
      もうそれだけでとても気持ちが楽になれました。
      自分の経験したことが困っている方のお役に立てて、喜んでもらえるなら最高に嬉しいです。
      困った時はお互い様ですから!いつでもお気軽にお声かけくださいね♪

  5. ろんママ より:

    ご丁寧な返信までありがとうございます。
    私も、ひっくり返しました。
    書けずにいましたが、かたずけている時、
    もう、食べんでえーわ!と言ってしまった事もあります。1年間、悩み続けやっと、福井様に
    相談でき、色々と知らない食べ物、作り方まで
    教えて頂きすごく助かりました。
    これからは、教えて頂いた作り方で、挑戦し、
    頑張ると言うのは、おかしいですが、
    怒る事は、しないです。
    つい、病院では、他に悪い所ないワガママ
    と言われ元気で良かった、反面ワガママ?
    いつまで?って思い、精神的にも、かなりやられてました。
    本当にありがとうございます。
    これからは、頑張って福井様にお聞きしないように努力します。
    ありがとうございました。

    1. 福井 惠子 より:

      ろんまま様

      こちらこそありがとうございます。
      介護に終わりはありません。1人で悩んでしまうとどんどんマイナスになることもあります。
      ここには同じ経験をしている仲間がいますから、どうぞご遠慮なく、いつでもご連絡くださいね。
      問い合わせからだとダイレクトにメールで届きますし、このサイトで公開しているメールアドレスをお知らせいたします。
      困った時、しんどい時、お辛い時、お互い支えあって、大切な我が子との楽しい生活を共に送りましょうね♪

      ワンワンラボ 福井 惠子
      wanwanlab2018@gmail.com

  6. ろんママ より:

    こんばんは
    何度も返信、妥協しそうな気持ちを
    楽にして下さりありがとうございます。
    悩んだ末、相談させて頂き沢山のお返事ありがとうございます。
    甘やかしすぎと言われず嬉しかったです。
    はい。ありがとうございます。
    アドレスまですいません。
    また、押しつぶれそうに、なっては、
    ダメですが、もしそうなったら、相談させて頂きます。
    この1年の気持ちを楽にして頂きありがとうございました。

    1. 福井 惠子 より:

      ろんママ様

      こちらこそです!勇気を出してくださり、ありがとうございました。
      ろんさんがパクパクご飯を食べてくれて、ろんママ様のお気持ちが
      少しでも軽くなりますように願っております。
      押しつぶされそうになる前に、ご連絡くださいね♪
      ろんさんはママだけが頼りなので、ろんママ様が元気でおられることが一番です♪
      どうぞこれからよろしくお願いいたします!
      返信不要ですので、お気遣いなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください