【投薬にお悩みの飼い主さん必見】簡単!確実!薬の飲ませ方

愛犬情報

犬種:ミニチュアダックスフンド

病名・症状:苦い薬をむりやり食べ物に隠して与えたことにより食べムラ・食い渋りになる

改善策:食べ物と薬を完全に分ける方法で確実に薬を飲ませる

 

 

食べムラ・食い渋り・食欲不振は投薬が原因かも

 

※この記事は、以前投稿した記事(ワンワンラボトップ画面にバナーがあります)をリライトして再投稿しています。

 

 

我が家の最愛の愛犬クリンは、昨年の3月に19歳1ヶ月でこの世を去りました。

大きな持病もなく、旅立つ直前までいつも通りに過ごしてくれたことは、飼い主としてとても嬉しいことであり、今でもこれからもずっと自慢の我が子です。

クリンはとても聞き分けがよくてとてもお利口な子でしたが、たった1つ最後まで頭を悩ませたことがありました。

 

それが、食べムラ・食い渋りです。

 

そしてそれは、飼い主の失敗から始まってしまいました。

そう、「投薬の失敗」がきっかけでした。

 

 

すべての飼い主さんに伝えたい!薬は分けて与えましょう

 

 

クリンが15歳の時、脚の不具合で痛み止めを飲ませたことがありました。当時は飼い主もまったく知識がなく、フードの上に薬を載せて食べさせようとしましたが、全然ご飯を食べてくれませんでした。

それまでは胆泥症で利胆剤と強胆剤の2種類の薬を毎日飲ませていましたが、いつもフードの上にちょこんと載せてやるとそのまま食べていてくれたので、いつも通りフードの上に載せたんですが、まったく食べてくれませんでした。

数日して痛みが治まったので痛み止めはなくなりましたが、その後子宮の不具合からCRP(炎症数値)が高くなった時に処方された抗生剤が非常に苦いもので、それに気づかずに好きな肉やおやつに隠して無理やり飲ませようとしたことから、強烈な食べムラ・食い渋りが始まってしまいました。

そうなんです、クリンに「食べるものには薬が隠されている」と思わせてしまったんです。

それから約4年、ほぼ毎日食べムラ・食い渋りに悩みました。

試したフードは50種類以上、冷蔵庫は開けたけど食べなかった缶詰やおやつでいっぱいになり、封を切ったドライフードがいくつもあるという状態でした。

その後転院し、そこで薬の飲ませ方を教えてもらい、完全に薬と食べる行為を分けるようにしたことで、何とか食べ物に対する不信感は払拭できましたが、昔のようにご飯を出してすぐに食べてくれるということはなくなり、食事の時間になると憂鬱で毎日食べるか食べないかで悩みまくりました。

 

愛犬の食べムラ・食い渋りで悩んでおられる飼い主さんで、毎日の投薬をフードにまぜて与えているという飼い主さんがおられたら…

薬は絶対に分けてください!!!

食べない悩みは深刻です。そして、それは投薬が原因の可能性が非常に高いです(涙)

シリンジとピルクラッシャーが必要になりますが、ネットだとシリンジは1本50円くらいで、ピルクラッシャーは1000円くらいで購入できます。

とても簡単で、確実に薬の飲ますことができる方法ですので、薬を飲んでくれないとお悩みの飼い主さんはぜひ一度試してみてくださいね。

 

【図解】薬の飲ませ方

 

【準備するもの】

★シリンジ(小型犬の場合:5mlのシリンジがベスト) ※ネットで「シリンジ 5ml」で検索すると出てきます

★薬(錠剤は事前にすりつぶしておきましょう)

★薬をすりつぶすための乳鉢やピルクラッシャー

 


 

①薬をティースプーン1杯弱(約4㏄)のぬるま湯でよく溶かします。薬に苦みのある場合は、少量の砂糖やはちみつを混ぜると、口に入った時に甘みがあるので抵抗を最小限にすることができます。

溶かした薬をシリンジで吸い取ります。空気が入った場合は、口を上にして本体部分を爪でたたくと薬液が下に落ちますので、空気をしっかりと抜いてください。

 


 

②ハーネスとリードをつけた愛犬をキッチン台の上に載せます。リードはキッチン上の収納扉の取っ手などにくくりつけます。

 

 

【POINT1】床に置いたままだと、逃げようとしたり嫌がって暴れることもあります。病院やトリミングの際に高い台に載せると犬はおとなしくなる習性があるため、家の中でできるだけ高くて安全な場所で実施してみてください。うちではハーネスをつけてキッチン台の上に載せ、リードをキッチン収納の取っ手にくくり付ける方法がベストでした。

 

【POINT2】リードはピンと張った状態にすることが大切です。緩みがあると、暴れて下に落ちてしまう恐れもありますので、薬の準備は先に済ませてからキッチンの上に載せるようにし、目を離さないようにしてください。

 


 

③マズル横のくちびるをめくり、犬歯と奥歯の間の歯のない部分を確認します。

 

【POINT】矢印の「歯のない部分」はシリンジの先を差し込みやすく、噛もうとしても歯がない部分なので噛まれて流血という事故が起こりにくいです。

 


 

④シリンジの先を犬歯と奥歯の間に入れ、少しずつ薬液を流し込みます。もしむせてしまったら一旦手をとめて、落ち着いたらまた少量ずつ入れていきます。特に老犬の場合は飲み込む力が弱まっているため、一気に入れるとむせてしまったり、誤飲から肺炎を起こしてしまう可能性もあります。なれないうちは少量ずつ、薬剤を少し入れて手を止め、ごくんと飲み込んだらまた次、という感じで入れていきます。

中にはわざと飲み込まないように口の端から出してしまう子もいます。その場合はシリンジから薬剤が喉に直接届くよう、少し奥に入れてあげるとこぼさずに飲んでくれます。

 

 

【POINT1】リードを固定しても動いてしまう子の場合は、飼い主さんは犬の若干後ろ側に立ち、飼い主さんのお腹を犬のお尻の部分に当たるようにすると、落ち着いてくれます。もし全然嫌がらないようであれば、前側からマズルをめくってシリンジを差し込んでも飲んでくれます。

 

【POINT2】犬の顎を少し持ち上げると、薬液がこぼれにくいです。うちの場合は、犬の後ろ側に立ち、お尻にお腹をつけ、左手は犬の顎、右手はシリンジを持っています。

 

 

薬を飲んでくれないとすごく心配になりますし、飼い主さんのストレスとなってしまいます。

しかし無理やり食べ物に隠してあげてしまうと、重篤な食べムラ・食い渋りになってしまい、食欲不振に陥ってしまう危険性がとても高いです。

毎日楽しく過ごすためにも、この方法は本当におススメです。投薬で困っている方はぜひ一度試してみてください。

飼い主さんと大切な我が子が、毎日楽しくお過ごしになられますように。

 

 

 

ライター:福井 惠子

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください