【老犬介護】強い味方はベビー用品?!

 

介護用品は少ない上に・・・

 

17歳になってから、本格的に介護が必要になっていた愛犬Mack。
日々お世話に追われつつ感じていたのは「介護用品って少ないし、高いし……ダサい!」でした。
最愛の愛犬だとしても、辛いことも多い老犬介護。
高くてダサい介護用品は、見ているだけで暗い気持ちになってしまうような気になりました。

どうして介護用品じゃなければいろんなものがあるのに、こんなに種類が無いの?!
いつも、そう感じていました。

 

キッカケは大好きなフリーマーケット

 

私はフリーマーケットが大好きで、暖かい時期は毎週のように開催されるフリーマーケットに、Mackとの散歩もかねてよく連れて行っていました。
フリーマーケットの中で一番私が大好きなのが、「つめ放題」(笑)
出店者が決めた大きさの袋を100円~500円で買い、好きなだけ服や小物をつめ込むというものなのですが、その時は新生児~140cmサイズまでの子供服のつめ放題をやっていて、娘の学校用に汚されてもいい服をつめようと、興奮気味に参加することにしたのです。

ある程度娘のものを詰めおわると、少しまだスペースがある様子だったのですが、もう娘のものでほしいものが無かったので、なんとなく他のサイズも見ていました。

そこで、ふと見つけたのが赤ちゃん用のロンパース。
「娘もこんなに小さかったんだな。今のMackくらいの大きさかな?」と私の後ろのバギーの中でウトウトしていたMackに合せてみたのです。

 

閃いちゃった!

 

「これ、Mack着れるんじゃない?!」
そう思った瞬間、色々な種類のロンパースをつめ込んでいました。
小さなロンパースは、その時10枚ほどつめ込んで帰ってくることが出来ました。

家に帰ってすぐに洗濯。薄い素材の上に初夏だったのですぐに乾き、着せてみると少し横幅が大きいようなのでミシンを引っ張り出して横を少し縫って横幅を狭めてみました。

すると、何と思った以上にピッタリだったのです。

 

 

 

どんなロンパースがいいの?

 

 

一口にロンパースと言っても、実はロンパースには色々な種類があるのです。
画像のものは購入当時の夏のものです。冬のロンパースだと、長袖長裾だったり、長袖半裾だったりします。

私が色々な種類のロンパースをMackに着せてお世話してみた結果、使いやすかったロンパースの種類は画像の一番左にある”前開きのロンパース”でした。

 

 

寝たきりのMackでしたので、寝ながら着せる必要があるのですが、広げたロンパースの上に寝かせて、手を通して背中を閉じるだけのこのタイプのロンパースは非常に使い勝手がよかったです。
食事や排泄で汚れてしまいやすい老犬介護ですが、ロンパースは新品で買ってもとても安く種類も豊富で、オムツ交換の時には下半身だけを開きやすく、おまけに抱っこしていてもオムツがズレにくいなど、いいことばかりだったのです。

それに、画像をみてお気づきかもしれませんが、尻尾もちゃんと出ます!

 

どうやって着せるの?

 

基本的に、子供服等の人間の服をリメイクして犬に着せる場合、前後逆にして着せることが多いのですが、ロンパースも前後逆に着せます。
股の部分のスナップボタンの数は2~4個のことが多いのですが、尻尾の太さに合わせてボタンの数を選んだり、留める数を変えたりしてください。

 

 

もしも買ってきて大きかった場合、縦に大きかったときは肩の部分を。横に大きかったときは横幅を縫って詰めるといいですよ。

子供服のサイズは、女児50cm→男児50cm→女児60cm→男児60cmという感じで大きくなっていきます。
直すときに何度か失敗したりすることもありますし、私のようにフリーマーケットで合うサイズや直し方がわかってからお店で可愛いロンパースを探すのもアリですよ!

 

 

他にも使える赤ちゃん用品

 

 

ここまでさんざんロンパースについて書いてきましたが、お尻ふきは勿論、他にも使える赤ちゃん用品は沢山あります。

・スタイ
→目ヤニやよだれ、食べこぼしをふく

・服
→ロンパース同様直して着せる(私は甚平や、上の画像のように腹巻付きの寝間着の下を直してかぼちゃパンツにしたりしました)

・おねしょシーツ・カバー
→嘔吐や下痢があっても周りが汚れません。

・ガーゼハンカチ
→赤ちゃん同様、色々なシーンで使います!

・ベビーバス
→老犬に限らず、入浴であるといいとおもいます。

・腹巻
→老犬はお腹が冷えやすいので必要。

横抱き紐
→小型犬しかできませんが、長い時間抱っこしてあげられます。

バウンサー
→窓際、ベランダなどでの日光浴などに。

 

楽しかった、お買い物

Mackが元気だった間、赤ちゃん用品店や赤ちゃんコーナーを見るのが日課になっていて、Mackを思いながら色々な商品を見ているのは本当に楽しかったです。
Mackが亡くなった日も、私は赤ちゃん用品店に寄り、購入していました。

ロンパースは赤ちゃん用なので、小型犬にしか使えないですが、赤ちゃん用品店には沢山使える可能性のあるものが並んでいます。
一度、近所の赤ちゃん用品店をチラッと覗いてみてくださいね!

 

 

ライター:奥村 來未

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です