【犬の健康】気をつけよう、公園のお散歩

愛犬情報

犬種:ビーグル

病名・症状:吐き気・嘔吐

発症年齢:9歳

発症の経緯:散歩時~帰宅後に吐き気を催す

治療法:胃薬等

 

 

胃腸の不調?それとも…

 

我が家の末っ子みのすけは、今年10歳になります。

年の離れたおねえちゃんがふたりいたこと、今まで大きな病気もなく過ごしてこれたことなどから、まだまだ若いと思い込んでいましたが、実際は十分シニアの年齢。

みのすけは胃腸が弱く、ご飯の後に吐き気を催したり、食糞して吐いたりというのはよくあります。嘔吐やえずくといった行為は若い頃から見られ、病院で調べてもらいましたがどこも異常なし。早食い防止の器に変えたり、台の上に載せて食べさせるようにしたら治まったことから、胃腸が弱いのだろうという結論になりました。

1年前に今の病院に転院してから再度調べてもらいましたが、そこでも異常なし。心配はいらないだろうとのことで、胃壁を保護する薬を頓服としてもらっている他は特に治療はしていません。

今までは吐き気を催すのは室内だけで、たいてい早食いなど原因がある程度わかるものでした。

ところが、先日お散歩の最中に突然吐き気を催すということがありました。

最初は解体中の家の前を通りかかった時に突然咳をしてえずいたため、埃っぽかったのかなと思いましたが、翌日になり今度は公園で吐き気を催したんです。嘔吐はしませんでしたが、帰宅するまでの歩いている間も咳をしたりえずくという行為が続き、帰宅してからもなかなか治まりませんでした。

その後も公園でクン活している時に、突然えずくことが数回ありました。

 

 

吐き気の原因

 

みのすけのお散歩は、たいてい自宅から一番近い公園に行きます。その公園の外周は一段高くなっていて、数メートルごとに大きな木が植わっています。みのすけの排泄は基本室内のトイレですが、お散歩に行くとマーキングしたがるため、できるだけ他の方の迷惑にならないよう公園の周りに植わっている木のところでだけ数回マーキングをさせてもらうようにしています。

木の間には雑草が生えていて、みのすけは草が生い茂っているところに行こうとします。いかにもノミやマダニがいそうな雰囲気なので、できるだけ草むらは避けるようにしていますが、すべての草むらを避けることは難しい状態です。

今年は5月でも初夏のような日が続き、公園でも雑草が一気に増えました。あまりの雑草の量に、お散歩コースを変えようかと思っていた矢先、雑草がきれいに刈り取られていました。

以前ご高齢の方たちが、ゴミ袋を持って落ち葉を掃除されているのを見かけたことがあったので、おそらくご近所の有志の方々が掃除してくださったのだと思います。

キレイになったのでこれで安心だ、と思っていたら、クン活していたみのすけがまた吐き気を催しました。さすがにおかしいと思い、もしかしたら公園に何かあるのか、とよく観察して見たところ、この時期なのに刈り取られた後の少しだけ残った草が枯れてました。

 

そこでやっと、除草剤が撒かれているかもしれない、ということに気付きました。

 

 

除草剤の影響

 

みのすけの散歩は、たいてい夜に行きます。夜だと公園で遊ぶちびっこもいないので、遠慮せずにお散歩できるからなんですが、暗いと目があまり見えないので、草が枯れていることに全然気づきませんでした。

帰宅後すぐに除草剤の影響についてググってみました。

除草剤中毒は、犬が除草剤が散布された植物を舐めたり、除草剤が散布された地面を歩いて足の裏や体についた除草剤を舐めたりすることで発生する可能性があるそうです。

 

除草剤の影響で起こる症状

  • 下痢
  • ふらつき
  • 嘔吐
  • 血尿、血便
  • 食欲不振
  • 脱水症状
  • 呼吸困難
  • 沈鬱
  • 痙攣

 

みのすけは草の匂いを嗅いだだけで吐き気を催しました。幸い少し匂いだだけで、すぐに引っ張って離れたことと、お散歩後は必ず足を洗って体を濡れタオルで拭くので大きな影響はなかったと思いますが、もし草を食べていたら…と考えると震えあがりました。

公園をきれいにしてくださっていることはとてもありがたいですし、お散歩できる場所が近くにあるのは嬉しいことです。

誰もが心地よいと思える公共の場所をきれいに保つ、ということはとても難しいです。そこを使う全員が、きれいに使うことは当たり前ですが、草木などは手入れをしないと伸び放題になります。特に雑草を抜くのは人の手を使いますから、とても労力がいりますし、除草剤を使用するのは仕方のないことです。実際この公園で除草剤を散布しているかどうかはわかりませんが、みのすけの吐き気や枯れている草を見る限り、散布されている可能性が高いと思います。

我が家には庭がないので、雑草の手入れなどをすることがなく、除草剤という存在自体に縁がありませんでした。知らないって本当に恐ろしいなと思いましたし、今回の一件で、お散歩中も気をつけないといけないと改めて感じました。

先日病院で健康診断を受け、除草剤の件を伝えて検査してもらいましたが、特に大きな問題はなかったのでホッとしました。

 

 

世の中の方全員犬や猫が好きではありません。中には怖い思いをして苦手になった方もいるでしょう。Twitterでは、近所の公園に毒団子が撒かれていて被害にあった、という投稿を見かけることもあります。

実際、うちの近くの公園では、近所の方が公園内で猫を飼っておられるようで、フードの器がベンチに置きっぱなしになっています。またノーリードのワンコを公園内で散歩させている方もおられ、みのすけを連れていった時にすごい勢いで吠えながら威嚇されたこともあります。いまだに犬の糞がそのままになっていたり、個人宅の壁などにおしっこをさせている方も見かけます。

こういう飼い主さんがいる限り、犬猫が嫌いな方の憎悪は弱い犬猫に向くこともあるでしょう。許しがたいことではありますが、我慢の限界を超えてしまった時に、毒団子を撒くというような悲しい結末を迎えてしまうこともあるのかもしれません。

また公園の除草剤のように、大切な愛犬の健康に害を及ぼす危険性の高い毒が身近なところにある可能性もあります。今回の公園での出来事は、除草剤と決まったわけではありませんが、多少なりとも体に悪影響があったと思えることが実際に起こってしまいました。

 

わたしのように、知らず知らずのうちに大切な愛犬を危険な目に合わせていることもあります。公園などにお散歩に行かれる飼い主さんは、どうかお気をつけくださいね。

 

 

ライター:福井 惠子

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください