急性膵炎 ~発症後の食事~

突然襲う、急性膵炎。
そんな急性膵炎は、飼い主・愛犬双方で大変な思いをし、やっと完治しても、慢性化し再発しやすい病です。
特に老犬に発症しやすく、発症してしまうと絶食しながら膵臓を休ませ、抗生剤・鎮痛剤で炎症を抑えてあげることしかできません。
また、何度も膵炎を再発していると、インシュリンの分泌に異常をきたし糖尿病を併発することもあります。

別名・お腹の火傷というほどの辛い痛みに襲われる膵炎を起こさないようにするには、生活習慣の見直ししか方法はありません。

 

 

膵炎を起こさせないようにするためには

 

老犬ではなくても、肥満状態の子にも膵炎は起きやすいので、適正体重を確認し、運動量を増やす・食事内容を見直す・獣医に相談するなどしてください。
運動量に関しては体重1kgに対し、適正といわれている散歩距離は700mですので、愛犬の体重×700mの距離を一日で歩くようにしてあげてください。

例:体重5kgの場合……
5(kg)×700(m)=3,500(m)ですから、朝晩散歩するとして、一度の散歩で1,750mを目安に散歩してあげるといいでしょう。
もちろん、老犬なら足腰が悪くなかなか長距離を歩くことは難しい子もいると思うので、愛犬の様子を見ながら可能な限りお散歩してあげてください。

 

 

食事の見直し

 

食事については愛犬Mackの場合、主に低脂肪なものを与えるように心がけ、高脂肪のものはなるべく避けるようにしました。
成分表示に必ず目を通し、脂肪分や粗脂肪と表示されている所に注目し、5.0%以下のものを選ぶように。
チーズは禁止し、あげたいときにはカッテージチーズを小さじ1~2あげました。
手作り食を作る場合、ささみ・じゃがいも・さつまいもを中心として、他には茹でて火を通したマグロ・葛粉・おかゆ・豆腐・ブロッコリーなど、繊維質を多めに、脂肪・糖を少なめにしていました。

アレルギーで摂れない食事もあるでしょうから、一度かかりつけの医師に相談するといいと思います。

 

 

膵炎はどんな子もなる可能性がある

 

そんな膵炎ですが、うちの子は肥満じゃないとか、若いから大丈夫!なんてことはありません。
どんな子にも発症の恐れのある病です。

まだ膵炎になったことがない子も、一度経験してしまった子も、その苦しみは想像を絶するものですので、予防するに越したことはない病です。
想像してみてください。内側から内臓を焼かれる痛みを……それが膵炎です。

愛犬は、飼い主の与えるごはんで育ち、生きています。
そして愛犬はその愛くるしい見た目とは裏腹に、しっかりと切なくも老いていきます。
いつまでも子犬のように思えても、内臓は中年のそれそのものであったり、年寄であったり……
愛犬の年齢に合わせて都度生活を変えていくのも、愛犬のためを思えばこそですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です