犬の飼い主の「困った」は飼い主同士で情報交換

初めまして、福井惠子です。

我が家には3頭の愛犬がいます。一番上の長女はクリン、本日18歳の誕生日を迎えました。次女はニコ、今年の7月で16歳になります。末っ子のみのすけは今年9歳。年の離れたおねえちゃんと一緒に暮らしているからか、とてもおとなしい子ですが、食い意地だけはものすごいです。

 

わたしには子供がいないので、愛犬が我が子のように愛おしく、自分の命をあげてもいいと思えるくらい愛しています。

特にクリンは、初めて自分の意志で迎えた子なので、3頭の中でも特別な存在です。以前は会社員をしていましたが、毎日とても忙しく、疲弊しきっている時に癒してくれる存在で、クリンがいたから今のわたしがあると思っています。

そんな大切な存在のクリンが14歳の時に、胆泥症が見つかり、そこからずっと病院のお世話になることになりました。それまでは大きな病気もなく過ごしていたので、ずっと元気で健康でいてくれることが当たり前のように思っていたんです。本当は、病気にならずに過ごしてくれていること自体がとてもありがたいことなのですが、実際に持病ができて初めてそれを実感しました。

手術が必要といわれ、ネットで病名を検索し、悪いことが書いてあると絶望し、さらに検索しても同じようなことが書いてあるばかりで、ほとんど参考になりませんでした。

そして、そこから少しずついろいろな不具合が出てきて、投薬の失敗から食べムラになり、今でも食べムラに悩まされています。

食べムラが原因で、病院から死の宣告をされたこともあります。毎日いろんな缶詰やトッピング、また手作りで肉や魚を焼いてみたり野菜と煮込んでみたりしながら食べてくれることを期待するものの、見事に裏切られ、冷蔵庫の中はクリンが食べなかった食材でパンパンになっていました。

自分の周りには犬を飼っている人はいるものの、みんなうちの子よりも年下で、相談できる相手は残念ながらいませんでした。毎日夜になると不安が押し寄せてきて、眠れない日々を過ごしていた時に、気分転換にとブログを始めました。

すると、そこにはたくさんの先輩飼い主さんがおられました。そして少しずつ輪が広がり、コメントをくださるようになり、たくさんの方からためになるアドバイスをいただいたり、食いつきの良いフード情報を教えてもらったりしました。

1人で悩んでいた時と違い、実際に経験している方からの助言はとても参考になりましたし、何よりも自分の心がとても救われました。

「悩んでいるのはわたし1人じゃない」

そう思うだけで、本当に気持ちが楽になりました。

ブログを通じて仲良くなった方たちと、リアルにお会いすることで愛犬つながりの友達もたくさんできました。

価値観が似ている飼い主同士の情報交換は、わたしには一番参考になりましたし、動物病院では教えてもらえないような工夫や情報も聞くことができ、おかげでクリンも18歳の誕生日を元気に迎えることができたと思っています。

ネットではたくさんの情報が溢れています。もちろん参考になることもたくさんありますが、様々な事情により「書けないこと」も多いように思います。

でも、本当に困っている時って、知りたいのは一般的な話よりも、もっと突っ込んだ話だったり、実際の経験談だったりするんですよね。

だから、実際に飼い主が経験したことや、良かったことや失敗談など、包み隠さずに話せる場を作りたいと思いました。

まだスタートしたばかりですが、これからたくさんの愛犬家の方と、この場で交流できればと考えています。またリアルに会うことのできるイベントや、いずれは掲示板などでチャットができるようにしていきたいと思っています。

このサイトのライターさんは、ほとんどがSNSを通じて知り合った方ばかりです。訪問してくださった方も、もしよろしければご自身の経験されたことを教えてくださいね。

みんなの経験が、今1人で悩んだり困っている飼い主さんに届きますように。

 

2018年2月1日

福井 惠子

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です